モバイルWiFiルーターで7GB通信規制を回避しよう

急遽、ノートパソコンで文書を作成し、データを送信しないといけない状況になることがよくあります。それも外出しているときに限って。ノートパソコンは常に持参しているのでいいのですが、問題はネット環境です。

こういうとき、普段はiPhoneをテザリングしてなんとかなっていますが、データ量が大きなファイルを送信しないといけない、しかもこのファイルをテザリングで送ってしまうと一発で7GBのデータ規制にかかってしまい、翌日から通信速度が128kbpsになってしまい何もできない・・・。なんてことがあります。これは、ドコモ、ソフトバンク、auすべて同じです。

こんなときは、モバイルWiFiルーターを持っていると便利です。モバイルWiFiルーターを使うには、イーモバイルや、ワイモバイル、WiMAXといったところから定額でスピードも速いSIMカードを契約したものを入れておけばいいです。料金も月額千円ぐらいからあります。MVNOを活用している格安SIMを使うのもいいです。MVNOとは、ドコモなどの大手通信会社が提供する通信回線を借りて、貸し出すというもの。そのため、例えばドコモのMVNOであれば、ドコモの電波が入る場所であればどこでも使えますので、日本全国ほとんどのエリアで使えるというものです。

電波は使える、料金も定額、しかもさらにテザリングだとiPhoneのバッテリーがすごい勢いで減っていくところが、モバイルWiFiルーターを使えばモバイルWiFiルーターのバッテリーが代わりに減っていくだけなので、iPhoneのバッテリーの心配もいらないといいことづくし。

モバイルWiFiルーターを持って外出して、カフェで仕事なんてこともできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です